ABCが苦手でも英語サイト作成編 > 本場の英文Web用語

本場のWeb用語 実例集

よく使われる表現を知っておくと、やっぱり便利。

ネットサーフィン中も目を光らせて

本場のサイトで気づいた表現を集めてみました。
辞書にはあまり載っていないので、誤解があるかもしれません。

アクセスアップ

access up ではピンと来ません。
traffic(交通量)が「アクセス数」に相当する単語のようです。

generate more traffic(もっと多くのアクセスを生じさせる)
get more traffic
to increase traffic to your site(あなたのサイトへのアクセスを増やすために)

広告

リンク

link to your site
place a link to my site on yours
host a link
put up a link

「リンクフリー」に該当する表現は、個人サイトではなかなか見当たりません。

キャッシュを検索したところ、次のセンテンスを見つけました。
You can feel free to link my web site.
You are free to link from your site to this.
しかし・・・作者はともに日本人でした。

We welcome links from other websites.
リンク歓迎。

We would be grateful if you would host on your site a link to us.
リンクしてくださるなら感謝します。(私はこれをアレンジして使っています)

Link free という表現は不適切です。
smoke-free(禁煙)や tax-free(免税)から類推すれば、リンク禁止と受け取られるおそれがなきにしもあらず?
アニメ・ゲーム関連ジャンルには逆輸入されて、日本と同じ意味合いが通じることもありますが、特殊なケースだと認識しましょう。

国内ではごく普通の「相互リンク」も、積極的に謳っているサイトは少なかったのですが・・・
Would you like to trade links?
Let's exchange links!
といったストレートな表現も増えてきたような印象です(特にアート、クラフト関連)。

If you link me, let me know, so I could link you back.
これなんか、日本人の心情にピッタリではありませんか。
その上にMy site is link free! とあったので、この人は相当な日本カブレです(真似するとヤバい?)。

link back ・・・お返しにリンクする、といった意味。
appreciate a return link from your site.
お返しのリンクに感謝します。
「お返しのリンク」は、中小検索エンジンで要求されることがあります。

Banner exchange も、ジャンルによっては盛んです。

Links to me? @_@ My banners are below!! You can choose from these. Plain text link is okay too. pretty much I'm just grateful you would. Make link to http://...... Then tell me, and I will be glad to have it link exchange.
・・・熱がこもってますねえ。

Here are some banners you can take and link to my sites.
こんな人たちは、たいてい10個近くバナーを置いています。

海外の標準バナーサイズは468×60か88×31ですが、私は比較的ポピュラーな160×60も用意しています。アニメの世界では日本風に200×40を好むサイトも見かけるので、それも追加しました。
バナーがたくさんあると、相手もリンクしやすい・・・かも。

免責(掲載サイトの質には責任を持ちません。)
We don't take responsibility for the quality of the links. They are here for your own evaluation and enjoyment.

メールちょうだい

Feel free to post any comments or suggestions about this page.
お気軽にご意見ご感想をお寄せください。
Feel free to contact me at ...@...

Send mail to ...@... with questions or comments about this web site.

Please drop me a line.
ちょっとお知らせください。

I'd love to hear from you! Please take a moment to let me know what you think about my website. ...@...

この I would love to hear from you. は、かなりポピュラーな表現のようです。

ゲストブックに書いてね

Please sign my guest book.

Before you leave, would you please sign my Guestbook? I love to know who has visited.

Here's my guestbook. I would be pleased for your entry.

更新情報

Past updates : 12/4 : ... , 12/1 : ...

Last updated 06/25/01
This page was last updated on Dec. 25, '01.
Last modified on Friday, November 30, 2001.

日本人のページで Last update is .... という文を見た記憶がありますが、過去形のほうが適当です。
これはupdate よりも updated にすべきだという意味ではありません。(名詞と動詞の違い? いずれにせよ、be動詞は省いたほうがすっきりしますね。このくだりをご指摘くださったかたに感謝。)

なお日付表示は、月日年がアメリカ・カナダ流。本来英国では日月年ですが、アメリカ風な記述も多くて乱れています。
月名をアルファベット(JanとかFeb)で表すと、誤解を防げます。

著作権に関して

This page is the property of Daresore.
このページは誰それの財産です(誰それに所有権があります)。

Do not steal.
なんとまあ、ストレートな・・・。

広告

その他

Ezine ・・・メルマガのこと。イーズィーンと読むのかな。

目次
index(複数形は indices もしくは indexes)
site menu
contents

無料
free, for free, free of charge
なお、free charge には別の意味があるようです。

CAVEAT EMPTOR! ・・・買い手危険負担
オンラインショッピング等における警告。

作ろう英語サイト
サイトマップ
作成編
英語版誕生
英語向きコンテンツ
文字化け対策
トップページのデザイン
手抜き翻訳の極意
スペル・文法
翻訳ソフトで遊ぼう
翻訳サイト比較
ゲストブック設置
訪問者参加
本場のWeb用語
英語でブログ
運営編
英語サイトの宣伝
英語版アフターケア
英文メール
ほめることから始めよう
相互リンク海外編
メーリングリスト効果
英語版のメリット
英語版の弊害
洋風顔文字 :-)
Yahoo推薦
ODP攻略
検索キーワード設定
ランキングの行方
海外通販大繁盛
海外通販その後
英語版に広告を
番外編
和製英語にご用心
英語が苦手で何が悪い
英語ペラペラになる方法
インターネットの男と女
気分はrink free
英語ミニコラム
海外下着事情
アクセス解析顛末記
常連さんお断り
批判されるサイト
教えて君活用術
ABOが苦手でも
アナクロ電脳生活
引っ越し下手は損
迷惑メール包囲網
紹介の連鎖
貧盗恋歌

ABCが苦手でも英語でブログ