ABCが苦手でも英語サイト番外編 > 海外下着事情

海外下着事情

本場の悩殺過激下着サイトをサーフィンしてみない?

下着は人を呼ぶ?

さて、私の趣味のひとつが下着作りです。

女性下着サイトハンティについては、アクセス解析顛末記で述べております。
今やハンティは日本中を席巻し、新語として広辞苑第7版にも載ろうかという勢いです(大ウソ)。

それに気を良くして、新たに男性下着サイト柳腰亭をオープンし、半年後には英語版も作成しました。

英語サイトの広報宣伝、特に英語での登録申請は、実に面倒なものです。英語版運営に関してはベテランの域に達した(?)私も、いまだにしり込みします。いや、これは性格でしょうね。
こういう消極的な私が採った広報手段は「間口を広げる」ことです。たくさんの英語ページを作り、なるべく多くのドメインに分散させ、互いにリンクを張り巡らせれば、リンクをたどって訪問者が増えるだろう、と。

それが目的であったため、その英語版はずさんな急ごしらえで、文章もことのほかいい加減です。登録先は2箇所、個人相互リンク先ゼロで、宣伝は全くしておりません。
にもかかわらず、けっこう賑わっております。

アクセスのほとんどがGoogle系のキーワード検索からと思われます。決して上位表示されているわけではなく、3語以上組み合わせないと、なかなかヒットしません。
それでも人が来るのはジャンルの強みでしょう。検索語がdollの場合、トップページと2ページ目では天地の開きですが、下着関連を検索する人は、30位、40位どころか、200位以下まで丹念にチェックするんですねえ(たぶん)。

付記:
始めは良かったけど、その後は凋落の一途をたどり、アクセスはジリ貧となりました。(T_T)

広告

紳士用パンティ

国内ではハンティと柳腰亭は別サイトで、宣伝も別個に行いましたが、英語版は男性下着がメインで、コンテンツの一部に女性下着が含まれております。英訳した中身が貧弱なので、ふたつ合わせて1サイト分程度なのです(主義に反するけど)。

結果的に男女混在の(つまりmen's underwearを標榜していながらpan tiesもあるという)、ニッチを突くサイトとなってしまい、men's pant iesやlace underwear for men, cute men in underwearなどの検索語でヒットするようです。
うちはソーイング関連サイトだよ、とわざわざ注記しているにもかかわらず、あちらの訪問者の目当ては下着よりも「人」なのですね。ご期待に添えずスミマセン。

そんなわけで訪問者の大半はゲ~~イではないかと思っています。それは予想していたことですが、実はmen's underwearというジャンルがそもそもgay分野なのですね。

女性の立場から本音を吐けば、「男の下着姿など見とうない」。
ジーンズやタキシード、軍服、妥協してスポーツウェアの男性は鑑賞に堪えるとしても、男の下着姿はサマになりません。
個人的にムキムキマンは嫌い。といって、あばらが浮いてるのや、骨細ヒョロリなど論外。とにかく男ってのは服を着てなきゃ駄目なんだ、が平均的一般的女性である私の持論です。

女性が男性下着サイトを検索するのは、夫や息子のために安い下着を買いたいときくらいでしょう。

トランクスは不人気

男性下着を作るに当たっては、デパートやスーパーの下着売場を実地に偵察しました。
そこには色とりどりのトランクスがひしめいているのですが、ブリーフはほんの片隅に追いやられています。日本男子はトランクスをはくのが普通なのです(?)。

柳腰亭もメインはトランクスです。

花も恥ずかし十八乙女の私は、筋骨隆々のモデルが苦手なので、海外の男性下着サイトには立ち寄りたくありません。
英語化に当たって、trunksでいいんだろうかと訝ったのがきっかけで、いくつかの海外下着ショップをのぞいてみました。

なぜか、どうもそれらしい画像に行き当たらない。

向こうのメインはビキニやタイトなボクサーショーツ・・・とにかくストレッチ系のようです。
やっと見つけた伸びない木綿のトランクスの画像には、classic boxerと説明書きがありました。おー、そうか。クラシック・ボクサーなのか。

ともあれ海外でトランクスを見つけるのは難儀なようです。
日本でも潜在的な需要はビキニやブリーフのほうが大きいとにらんでいるのですが、いかんせん、たいていの男性は下着選びを奥さん任せにしている。奥様方はいろんな理由でブリーフが嫌いです。トランクス優勢を崩すには、離婚率をもっと高めるしかない(?)。

広告

Tバックはなんという?

アウターに響かない、色っぽいなどの理由で絶大な人気を誇るTバックビキニは、後ろから見た形がT字型なのでそのように名付けられたようです。もちろんそれは日本名であって、英語でT-backは通用しません。
t-backで検索したら、“don't back”や“won't back”ばっかり出てきて、なんにゃコレとがっかりしたなんて体験、人に言えるもんじゃなし。

それではなんというのか、バリバリの現役英語教師みずた先生にお訊ねしたところ、「strings / tanga / tanga brief 」とのお返事でした。stringは紐のこと、tangaはタンザニアの地名です。タンザニアの人々がはいているものに形が似ているんですね。

みずた先生によれば、そういうパンツをtangaと呼ぶことはethnic slur(民族差別用語)になるのではないか、と。
陶磁器(china)や漆器(japan)に伝統技能への敬意が感じられるのに対して、原始的な服装をストレートに指したわけですから、失礼かもしれません。

もっと問題なのは、bikiniです。

この語源は2通りの説があって、Bikini環礁の原住民がそういう服装をしているからというのと、露出度が高いビキニの悩殺力を原水爆の破壊力にたとえたものと。
あらわな着衣は、ビキニの島々に限らず暑い地域に共通のものだから、これは後者のほうが信憑性が感じられます。

被爆国日本の民は怒ってしかるべきです。
アメリカ人にはビキニも原爆も同程度の感覚なんですね。
シュワちゃんの映画のラストシーンで、お飾りのようにキノコ雲が使われた例もあるし、スティーヴン・キングのホラー短編には、おもちゃの軍隊がミニ原爆を弄ぶという、けっこう面白い話もあります。
そういう感覚がないと戦争には勝てない、って?

広告

下着を表す英語

海外の下着サイトを検索するときに便利、かも。
故意に嘘は書いていませんが、思い込みによる間違いはご容赦ください。

作ろう英語サイト
サイトマップ
番外編
和製英語にご用心
英語が苦手で何が悪い
英語ペラペラになる方法
インターネットの男と女
気分はrink free
英語ミニコラム
海外下着事情
アクセス解析顛末記
常連さんお断り
批判されるサイト
教えて君活用術
ABOが苦手でも
アナクロ電脳生活
引っ越し下手は損
迷惑メール包囲網
紹介の連鎖
作成編
英語版誕生
英語向きコンテンツ
文字化け対策
トップページのデザイン
手抜き翻訳の極意
スペル・文法
翻訳ソフトで遊ぼう
翻訳サイト比較
ゲストブック設置
訪問者参加
本場のWeb用語
英語でブログ
運営編
英語サイトの宣伝
英語版アフターケア
英文メール
ほめることから始めよう
相互リンク海外編
メーリングリスト効果
英語版のメリット
英語版の弊害
洋風顔文字 :-)
Yahoo推薦
ODP攻略
検索キーワード設定
ランキングの行方
海外通販大繁盛
海外通販その後
英語版に広告を
貧盗恋歌

ABCが苦手でもアクセス解析顛末記