ABCが苦手でも英語サイト作成編 > 英語サイト向きコンテンツ

英語サイト向きコンテンツ

やっぱり視覚・聴覚/右脳優先?

とりあえず文字の量で判断

人形というモティーフが言語を問わないことは、私にとって強みでした。見れば誰にでもわかるものだから。
しかもサイトは写真主体で、文字が極端に少ない。

お持ちのコンテンツによっては、英語化が困難だったり、海外の人に見てもらっても無意味な場合があります。

文章と画像のどちらが多いかは、大きな目安となるでしょう。文章だらけでは当然苦労が伴います。

詩や小説など、文芸関係はあきらめたほうがいいのでは? むろん自分で芸術的に訳せるかたは、このページまで来る必要はないはず。
とはいえ現実には、文章中心の英語サイトを精力的に運営しているケースも見受けます。要は情熱ですね。
訪問者参加のページ作りも考慮しましょう。

日記、エッセイ、自己紹介などはどうでしょうか。内容や分量にもよります。女子高生の日記も、毎日更新を課すと、英語の勉強にもなりますしね。

趣味や生活、旅行記、本日のレシピといった分野はかなり向いていると思います。写真も多いでしょうし、特にレシピなどは定型文で済ませられます。

広告

目と耳に訴える

アート系・・・写真、イラスト、アニメ、ゲーム、漫画、音楽がメインのサイトはバッチリです。
とりわけアニメ(ジャパニメ)やMangaはブームのさなかで、アピール度も大です。
素材集も受けるのではないでしょうか。

同じテーマを扱ったサイトが外国にどのくらいあるかを、検索エンジンやディレクトリで調べてみるのもいいでしょう。
仲間がたくさんいるとわかれば、相互リンクも期待できるし、やる気もわきます。

事例が少なくても、世界的にもユニークなテーマや、日本にしか存在しないようなものを扱っていれば、多少しんどくても英訳する価値がありますよ。
Haiku(俳句)やbonsai(盆栽)、origami(折り紙)などは、愛好者も多いようです。
ヘルシーな日本食の紹介もよろしいかと。

食品サンプル会社のサイト(日本語)が、海外で大人気だという話を聞いたことがあります。精巧な蝋人形を作る国でも、食べ物を蝋で作ることは思いつかなかったのでしょうね。

作ろう英語サイト
サイトマップ
作成編
英語版誕生
英語向きコンテンツ
文字化け対策
トップページのデザイン
手抜き翻訳の極意
スペル・文法
翻訳ソフトで遊ぼう
翻訳サイト比較
ゲストブック設置
訪問者参加
本場のWeb用語
英語でブログ
運営編
英語サイトの宣伝
英語版アフターケア
英文メール
ほめることから始めよう
相互リンク海外編
メーリングリスト効果
英語版のメリット
英語版の弊害
洋風顔文字 :-)
Yahoo推薦
ODP攻略
検索キーワード設定
ランキングの行方
海外通販大繁盛
海外通販その後
英語版に広告を
番外編
和製英語にご用心
英語が苦手で何が悪い
英語ペラペラになる方法
インターネットの男と女
気分はrink free
英語ミニコラム
海外下着事情
アクセス解析顛末記
常連さんお断り
批判されるサイト
教えて君活用術
ABOが苦手でも
アナクロ電脳生活
引っ越し下手は損
迷惑メール包囲網
紹介の連鎖
貧盗恋歌

ABCが苦手でも文字化け対策