ABCが苦手でも英語サイト運営編 > メーリングリスト

効果絶大、メーリングリスト

1通のメールが大勢に届くので、HP告知に最適。

加入の経緯

インターネットを始めて2年目ころ、いくつか日本語のメーリングリストに参加したことがあります。どこも不活発で、また私自身も壁の花タイプなので、ほどなく脱退しました(いつの間にやら潰れていたり)。

あるとき私のページに展示されている人形を見た女性が、自分が所属するFOCD(布人形友の会)というメーリングリストを紹介してくれ、紆余曲折の末、入会しました(実は断りのメールを出すのが億劫だったりして)。

会員は千数百名、メールは1日に数十通やり取りされていますが、20通程度たまると、ひとまとめにされて1通のメールとして届くので、散逸が防げ、扱いやすいシステムです。
個々の内容も他愛のないものが多く(いちいち翻訳せず、目についたものだけ読んでいます)、宣伝臭も少なくてほのぼのしています。

メーリングリストは漠然と眺めるだけでも、得るものがあります。
出だしや締めくくりの表現、常套句などを覚えますし、顔文字の勉強にもなりますよ。
日本でよく使われるのが(笑)。それに似た (smile) や*smile* を見ました。なんだかいい感じですね。

不特定多数への書き出しには、“Hi Everyone,”か“Hi All,”が多いようです。
“Hello friends,”もたまにあります。Everybodyはあまり見かけません。
いきなり本文に入る人もけっこういます。

広告

初投稿

さて、リストに加入して3か月が過ぎました。

ある日、新しく入ったスウェーデン人メンバーの自己紹介が載りました。「英語はあまり得意ではないけど・・・」
これに数名が温かいメッセージを返していました。

それを横目で見つつ、私も発言してみようかと心が動いたのです。
柳の下の2匹目のドジョウを狙ったわけですね。

アクセスが低迷していた時期でもあり、ここで自分のサイトを告知すれば、多少は訪問者が増えるだろうと、密かな期待。

「From Japan」と題して、英語が苦手なので今まで投稿しなかったという意味のことを書きました。
送ったあとで、「あ、しまった。時制の一致が・・・」 だけど後の祭り。うじうじ。

翌朝メールボックスを開けてびっくり。
英語のメールが、かつてないほどどっさり届いていました。

「大丈夫。あなたの英語はちゃんとしてるわよ」と、慰めてくれる人も多かったのですが、「意味がわからない」とか「ここをこう直したらいい」とかのアドバイスもいただきました。ありがたいことです。おかげでサイトの文章は、だいぶ改良されつつあります。

アクセスカウンターも開設以来の伸びを示しました。
しかしカウンターは些末事です。
アクセスの中身が非常に濃いという点に注目していただきたい。
もともと同じ趣味を持つ人たちの集まりだから、表紙だけ見て去っていくことはまずないでしょう。

専門分野への強みは、何も英語のMLに限ったことではありません。
国内にもMLはゴマンとあり、アクセスアップに活用している人も多いでしょう。

しかし世界が舞台となると、規模が違います。特にマイナーなジャンルでは、ある程度の数を一国で集めるのは難しい場合があります。
『日本人』という物珍しさがプラスに働く(かもしれない)のも、海外ならではのこと。

リストへ突入

私はほかの英語MLを知らず、捜したこともないのですが、Coollistはディレクトリに分かれているので、好みの分野で選べるようです。

うまくいいものが見つかるかどうかは不明です。

自分の関連分野をサーフィンしながら、個人のリンク集に載っているMLをチェック方法もあります。リンク集にMLを見出すことは少ないのですが、わざわざ載せているからには信頼のおけるものだと思われます。

加入した場合、MLの上手な利用法について考えました。

広告

継続的な効果はあるのか

と問われれば、ノーとしか答えられません。

そもそもサイト宣伝だけのためにMLを利用するのは邪道です。
メンバーの中には毎日のように、URL署名付きの投稿をする人もいますが、自分の意見を述べたいからでしょう。
サイト更新のたびにお知らせを載せる人もいます。これも頻繁だとアクセスには結びつきません。

私はこれまで3回投稿しました。3月、4月、9月と。
2回目にはほとんど反応がなく、3回目は最初と同じくらいのアクセスがあり、メールも20通近く来ました。
数ヶ月あけるのが良いということですね。

その後は全く投稿していないのですが、「こういうサイトがある」と知らない人に書かれたことが2度ありました。本人が書くのと違って、メールが来ないので、対応は楽です。

英文メールの読み書きは面倒なので、もう投稿することはないと思います。

作ろう英語サイト
サイトマップ
運営編
英語サイトの宣伝
英語版アフターケア
英文メール
ほめることから始めよう
相互リンク海外編
メーリングリスト効果
英語版のメリット
英語版の弊害
洋風顔文字 :-)
Yahoo推薦
ODP攻略
検索キーワード設定
ランキングの行方
海外通販大繁盛
海外通販その後
英語版に広告を
番外編
和製英語にご用心
英語が苦手で何が悪い
英語ペラペラになる方法
インターネットの男と女
気分はrink free
英語ミニコラム
海外下着事情
アクセス解析顛末記
常連さんお断り
批判されるサイト
教えて君活用術
ABOが苦手でも
アナクロ電脳生活
引っ越し下手は損
迷惑メール包囲網
紹介の連鎖
作成編
英語版誕生
英語向きコンテンツ
文字化け対策
トップページのデザイン
手抜き翻訳の極意
スペル・文法
翻訳ソフトで遊ぼう
翻訳サイト比較
ゲストブック設置
訪問者参加
本場のWeb用語
英語でブログ
貧盗恋歌

ABCが苦手でも英語版のメリット