リンク縦横無尽 > 相互リンクを成功させる > リンクを断られる理由

リンクを断られる理由

リンク依頼の断り理由を研究しておけば、対策も立てやすい。

なぜ断られるのか

相互リンクの要請を断られるのはどんなケースでしょう。

付き合いがない

見知らぬ人へ突然「相互リンクしてください」と持ちかけるなんて無礼だと、多くの人が憤慨しています。「相互リンク大歓迎」の管理人とて例外ではありません。

これは難関です。
クリアするために「まずはBBSやメール交換で親しくなりましょう」とアドバイスする人もいます。そんなのとても数多くはこなせません。
そもそもリンク狙いの友達付き合いなんて、結婚詐欺のようなものです。管理人さんはそれで満足なのでしょうか?

付き合いがないという理由で却下するなんて、もったいないことです。
互いのサイトを認め合っても、個人的なところまで立ち入らないのが、クールでスマートだと思うんですけどねえ・・・。

そういうタイプでない人々を捜すには、BBSやリンク集を見るのがよろしいでしょう。
どちらもわりと閑散としていたり、リンク相手は多いけどBBSがないといったところなら、初対面でも大丈夫なのでは?

依頼文がひどい

「こんにちわ。HP見ました。すごい充実した素晴らしいコンテンツで、思わず引き込まれてしまいました。私は○○というサイトを運営しています。ぜひとも相互リンクしていただきたいのですが」
・・・相手かまわず出すには便利な文ですね。

「はじめまして。このたび○○のHPを開設した△△と申します。ぜひ貴HPと相互リンクをお願いしたく、非礼を承知でメール差し上げました。URLはこれです。そちらからのリンクを確認しましたら、当方からもリンクさせていただきます」
・・・というふうに「そっちがリンクするならこっちもしてやる」という、何様的態度はまだましなんですよね。良心の呵責なく葬れますから。

「こちらからリンクしましたから、よろしければ相互リンクしていただけないでしょうか」
・・・いささか心理の弱点をついたもので、拒絶をためらう人もいそうです。

メールならともかく、掲示板でやられると迷惑です。断ったら先方の顔をつぶすし、ほかの人から冷たい管理人だと思われかねません。
確かに「リンクしたらBBSでお知らせください」と記載したサイトは数多くあります。それは「リンク報告」のことであって、「リンク要請」ではありませんよ。ま、そういうところではたいてい承諾してもらえます。

リンクのやり方にあれこれ指示を出す人もいます。タグを書いて丸ごとコピーしろとか。
相互リンクには注文をつけるべきだと言いましたが、最初のメールでそこまでやられると、9割がた不快を覚えます。それはページに書いておくほうが良いのです。

相手が承諾してくれても、条件を読まずにリンクすることはよくあります。お礼のメールで、「target="_top"にしてくれ」など、どうしても譲れないことだけ付け加えましょう。

ジャンル無視

企業や商用サイトによく見られます。
ネットで揉まれた個人ウェブマスターと違って、企業のHP担当者は世間知らず揃いで、非常識な考えを無邪気に押しつけてきます。無視されて当然です。

個人でも、関連性のない人気サイトに申し込めば、アクセス狙いだと軽蔑されます。
第一畑違いのリンクでは質の高いアクセスなど望めません。

最近の検索エンジンは、サイトテーマを重視しています。似たような内容のページからリンクされると、関連キーワードにおいて有利な検索結果を得やすいのです。
逆に無関係なリンクをたくさん持っていると、リンクファームと見なされて抹殺されるおそれさえあります。

営利サイト

ジャンルが同じでも、企業や商店は敬遠されがちです。

個人がインターネットを利用してほそぼそと通販をしている程度なら、同類項はたくさんいるので仲間を作りやすいのですが、会社やお店となると、「住んでる世界が違う」って印象なのです。れっきとした会社が非力な個人に申し込まなくたっていいでしょ、みたいな。とはいえ、会社どうしの相互リンクってのも、利害が絡んで難しそう(私が心配してあげるのもお節介ですが)。

商用サイトはお金を出して大手ディレクトリを押さえ、あとは個人も好みそうな非営利コンテンツを多数用意し、リンクフリー精神を遵守しておけば、自然と被リンクは増えるものです。個人にわざわざ申し込むなんて、かっこ悪いのよー。

とある企業から「一方的リンク要請」メールを受け取ったことがあります。「うちの商品がもっと売れるように、お宅のページからリンクしていただけませんか」という内容でした。
こんな恥知らずには「半年間のリンク代金五千円を前払いで振り込みなさい」と返しましょう。ひょっとお小遣いが手に入るかも・・・。

サイトが貧弱でアクセスが少ない

身も蓋もない話ですが、世間とはこんなものです。
あなたがどこかに相互リンクを頼んで断られた場合、カウンター貧乏が原因の可能性は高いです。

前述の通り「はじめまして。相互リンクしてください」は非常識だと一般に言われておりますが、現実にはそれで成功させるサイトは非常に多いのです。
私も未知の人から申し込まれて承知したケースがかなりあります。

そのようなサイトはある程度歴史を持ち、カウンターも多く、もっとアクセスを増やそうと野心に燃えております。場数を踏んでいるので、相互リンクの申し込み方も上手です。受け容れるメリットがあると感じさせてくれます。

そこまで成長していないサイトでは、多少の虚勢が必要になるでしょう。

OKの返事をもらうための具体的な対策は次ページで。

リンク縦横無尽
リンクの理念
リンクの基本
リンクフリー精神
違法なリンク
リンクは自由論争
正しい相互リンク
リンクをもらう心がけ
相互リンクの条件
SEO族との相互リンク
相互リンクお断り
リンク依頼の断り方
リンク後のお付き合い
相互リンクを成功させる
勇気を出して申し込む
断られる理由
承諾率を上げる
依頼メールの書き方
上手なリンク
クリックしたいリンク集
上手なリンクの法則
実践リンク技法
内部リンク
内部リンクの重要性
アンカーテキスト
ページランク配分
内部ページの相互リンク
フレームページ対策
リンク雑学
リンク関連用語
他人のリンクポリシー
リンク元への興味
トラックバック
Googleなんか嫌いだ
バナーの作り方
代替テキスト
Web昔話
日本語教室
ABCが苦手でも英語サイト
貧盗恋歌

リンク縦横無尽リンク申込の承諾率を上げる