リンク縦横無尽 > 内部リンク > 内部リンクの重要性

内部リンクの重要性

内部リンクを効率的に使った実践SEOテクニック。

広告

内部リンクテクニック

アクセスアップのため、相互リンク獲得に血道を上げていても、内部リンク(サイト内リンク)がなおざりであれば、無駄骨かもしれません。

訪問者を迷わせたり、検索エンジンに引っかからないという事態を避けるため、上手な内部リンクをマスターしましょう。この章では、ロボット型サーチエンジン対策を念頭に、効率的な内部リンクの技法を説明します。

Googleについて

ここでは、Googleに都合良く検索されるための内部リンク技法を論じます。
はやりのSEOとやらの一環です(もう廃れた?)。SEOとは「サーチエンジン最適化」つまり有利に検索されるための技法をいいます。

内部リンクとは、自分のページどうしのリンクです。軽く扱われがちですが、アクセスへの影響は無視できません。

検索エンジンのロボット(クローラとかスパイダーとか呼ばれるコンピュータ)は、リンクをたどって各ページを訪れ、そこへ至るリンクの数や質によって重要度を判定します。良いページからたくさんリンクされているページほど良いページなのです。それをページ内で使われている語句とともに、検索結果に反映させます。

これがGoogleの方針です。ほかのエンジンは知りません。

ここに書いたことの多くは推測です。またGoogleのシステムやシェアに変化があれば、役に立たなくなります(とゆーか、そうなりつつある?)。

わらにもすがる思いでおいでになった人は、ぜひご熟読ください。

広告

内部リンクがなぜ重要か

リンクといえば、相互リンクなど、よそのサイトからのものを思い浮かべます。

リンクが多いほうがいいのはわかるけど、そうそう他人はリンクしてくれないよなー。

と、弱気になりませぬよう。

コンピュータは外部リンクと内部リンクの区別ができません。
だからサイト内リンクは他人からのリンクと同じくらい大切なのです。

同じドメインにあるページは同一サイトだと見なすのは一見合理的ですが、現実にはそうとも限らないし、いくつものドメインにページを分散させるのはたやすいことです。
逆に複数のサイトをひとつのドメインに押し込むこともあります。

多くのウェブマスターの共通認識は、一番重要なのはトップページであり、訪問者にはまずそこを見てほしい、というものです。
ところがコンピュータは、どれがトップページであるかさえ判断できないのです。

トップページは作成者が便宜的に指定するものであり、トップなしのサイト構成も可能です。

Google的には「ある関連づけられたページ群の中で、最多の被リンクを持つもの」がトップだと定義しましょうか。

この大切なトップへのリンクを忘れるケースが意外に多いのです。

特にフレーム使用のサイト。
フレームは移動しやすいので、ナビゲーションの便を図る上でたいそう好まれます。が、その便利さはフレームトップから入った場合に限られます。
運悪く内部ページに突入するとかえって不自由です。へたするとそこで立ち往生してしまいます。
どのページに来た人もトップへ誘導するリンクは必須です。

すべてのページにトップへのリンクを置きましょう

「うちはちゃんと全ページにトップへ戻れるようにしてるよ」
おや、そうですか。それは適切な形式でなされていますか?

次のページから、さらに具体的な解説をしていきます。

リンク縦横無尽
リンクの理念
リンクの基本
リンクフリー精神
違法なリンク
リンクは自由論争
正しい相互リンク
リンクをもらう心がけ
相互リンクの条件
SEO族との相互リンク
相互リンクお断り
リンク依頼の断り方
リンク後のお付き合い
相互リンクを成功させる
勇気を出して申し込む
断られる理由
承諾率を上げる
依頼メールの書き方
上手なリンク
クリックしたいリンク集
上手なリンクの法則
実践リンク技法
内部リンク
内部リンクの重要性
アンカーテキスト
ページランク配分
内部ページの相互リンク
フレームページ対策
リンク雑学
リンク関連用語
他人のリンクポリシー
リンク元への興味
トラックバック
Googleなんか嫌いだ
バナーの作り方
代替テキスト
Web昔話
日本語教室
ABCが苦手でも英語サイト
貧盗恋歌

リンク縦横無尽アンカーテキスト