リンク縦横無尽 > 正しい相互リンク > 相互リンクお断り

相互リンクお断り

リンクへの積極性は人それぞれ。相手を見極めよう。

相互リンク拒絶派

相互リンクに消極的、むしろ反感を持つ人々が増えてきたように感じます。「相互リンク撲滅宣言」や「相互リンクお断りリング」なるものもあるとか。

興味深いことに、彼ら全員が初めから否定的だったわけではないのです。駆け出しのころはあちこちに依頼メールを送ったと告白する人もいます。

出来立てのサイトと仲良くしたがる人は少数です。けれどもたくさん撃てばいくつかは当たるでしょう。
それを糧に成長し、自分が相互リンク依頼を受ける立場になって初めて、未熟なサイトから相互リンクを求められる困惑を知った、という次第のようです。

デビュー当時寛大に受け入れてくれた人々のおかげで現在の自分があることを忘れるとは、なんとも身勝手な態度に映ります。

いやいや、糾弾の意図はありません。
相互リンクを断るサイトには、たいてい納得できる根拠が見えます。運営に確固たるポリシーを持ち、スタート時から充実していたという自負に満ちているからこそ、ダササイトとはかかわりたくないのです。

そして世の中には、よくもこんな情けないサイトを公開し、見知らぬ人にリンク要請までできるなあと感嘆させてくれる人々が数多くいて、相互リンク拒絶族の増加に拍車をかけているようです。

リンク要請を断る

私はどちらかというと相互リンク推進派ですが、それでも断ることが多くなりました。
「相互リンクでアクセスアップ」というキャッチフレーズに踊らされ、むやみに相互リンクを求める初心者や企業が増えているように思われます。

こうやってリンクに思いを巡らせたのも、上手な断り文句を見つけたくて、ネットマナーなどを漁ったことがきっかけでした。

なんによらず、断り文には気を使います。
手紙文例集においても、お詫びと断りは難易度の高いジャンルです。

なんとか相手の顔を潰さずに、気持ちよく納得してもらおうと、仕事そっちのけであれこれ文章を練っているうちに、時間ばかり過ぎて焦ってきます。
あげくの果て、どうしてこやつは見ず知らずの私にここまで神経をすり減らさせ、時間を取らせるのだという怒りが、憎しみへと膨らみます。誠実な人、律儀な人ほど、憎悪の炎は激しく燃え盛るはずですよ。

結局、ベストな断り方は会得できておりません。人付き合いは難しいものです。

臨機応変、リンクのスタンス

推進派といいましても、私はいくつものサイトを運営しているので、サイトによってリンクの重要度も異なります。

メインの人形店ではもっとリンクを集めたい。相互リンクにも積極的です。
趣味でやっているABCハンティでは、アクセスにきゅうきゅうする必要もなく、鷹揚に構えていられます。柳腰亭は、本音を言うとむやみにリンクされたくありません。非営利の手芸ぬいぐるみサイトは、たくさんリンクされたいけど訪問者は少ないほうがいい(どういう意味だ?)。

とは裏腹に、ABCでは相互リンク受付フォームなんてものを設置していたんですよね。でもほとんど応募がなかったし、自動登録リンク集やdmoz登録代行(?!謎)と誤解されたので、げんなりして外しちゃいました。

リンク集というものは、訪問者のより良いネットサーフィンを助けるためにあるのです。
自分のサイトに載せきれなかった情報を、他の多くのサイトで補う面も持ちます。

私はその建前を奉りつつ、実入りも求めます。外部にリンクすることは回り回って自サイトのアクセスアップに貢献すべきだと思っています。
普通のリンクと義理ある相互リンクでは、重みに差をつけたいのが本音です。

リンク縦横無尽
リンクの理念
リンクの基本
リンクフリー精神
違法なリンク
リンクは自由論争
正しい相互リンク
リンクをもらう心がけ
相互リンクの条件
SEO族との相互リンク
相互リンクお断り
リンク依頼の断り方
リンク後のお付き合い
相互リンクを成功させる
勇気を出して申し込む
断られる理由
承諾率を上げる
依頼メールの書き方
上手なリンク
クリックしたいリンク集
上手なリンクの法則
実践リンク技法
内部リンク
内部リンクの重要性
アンカーテキスト
ページランク配分
内部ページの相互リンク
フレームページ対策
リンク雑学
リンク関連用語
他人のリンクポリシー
リンク元への興味
トラックバック
Googleなんか嫌いだ
バナーの作り方
代替テキスト
Web昔話
日本語教室
ABCが苦手でも英語サイト
貧盗恋歌

リンク縦横無尽相互リンク依頼の断り方