リンク縦横無尽 > リンクの理念 > リンクの基本

リンクの基本

リンクはインターネット上に存在するものを結びつける。

リンクの理念

インターネットはリンクが機能することで成り立っています。

「リンクフリー」という言葉には誤解が多く、ありとあらゆる場所に浸透していながら、自由なリンクの精神は活かされておりません。

ウェブサイトを順調に運営し、多くの人と知り合い交流を進めるためにも、リンクに関する知識を深めましょう。

リンクとは

リンクは、ウェブページにおいて、ほかのページに行くシステムです。「ほかのページ」の所有者は、自分でも他人でもかまいません。

http://nunodoll.com/

上のように書けば、URL部分をコピー&ペーストしたり、一字一字入力という手間をかけて、該当ページに行けるには行けますが、リンクとは呼びません。

誰もが一瞬にして(ワンクリックで)そのページへ飛べるシステムがリンクです。

http://nunodoll.com/ ・・・こんなふうに。

「そんなん、わかってらい」と言われそうですね。
最近はブログの台頭で、知識のない人も手軽に情報発信ができるようになり、リンクというものについて案外知らない傾向にあるようです。

上の例ではURL文字列にリンクを設定しましたが、任意の文字や画像にリンクをはることができます。また対象はウェブページに限らず、音声・画像・表計算ファイルなどさまざまなものにリンクして呼び出すことができます。

どういうリンクがあるか

クリック(または同等の行為)によってよそに行ける(別なものを表示させる)ものはすべてリンクです。

内部リンクは同一サイト内のページ間で設定するリンクです。

外部リンクは他人のページに飛べるようにしたり、他人のページから自分のページに向けてはられたものです。

相互リンクは通常ふたり以上の人が互いに外部リンクをはり合うものです。

ヤフーなどのディレクトリに掲載されることは、外部リンクの獲得です。ヤフーに載ったサイトがヤフーにリンクすれば、ヤフーと相互リンクをしたことになります。

他人のページ上に自分のページへのリンクを勝手にはることはできません。

例外として、他人の掲示板やブログにURLを書いたり、自動登録リンク集に登録すれば、自分のページへのリンクができる場合があります。
他者のブログ記事にトラックバックすると、自分の記事へのリンクができます。
検索エンジンでキーワードを入力すると、自分のページへのリンクがはられた結果が出力されることがあります。

それらも一応外部リンクですが、自分でコントロールすることはできません。オーナーの意向によって削除されることもままあります。検索エンジンが理想の結果を出すことは稀です。

通常のリンクは<A>というタグを使います。
<A href="http://abc-abc.net/juo/">リンク</A>

リンクに似たもので<...... src="......">という形式で他ファイルを呼び出すものがあり、埋め込みリンク、直リンクなどと呼ばれることがありますが、厳密にはリンクと違います。バナー直貼りなどの例外を除いて、他人のファイルを呼び出すとトラブルを招くのでご注意ください。

絶対リンクや相対リンクなど、HTML技法に関することは、必要なら専門ページで勉強してくださいね。

アクセスを増やすには

ホームページやブログを公開するのは、他人に見てほしいからです。
はりきって開設したのに、誰も見に来てくれない・・・それは他人のページからリンクされている件数が少ないからです。

「ホームページを作ったら宣伝をしましょう」と言われますが、「宣伝」とは「リンクを獲得する努力」なのです。
自分のホームページにもっと多くの人を集めたいならば、いかに多くの外部リンクを獲得するかが課題となります。

そのためには「リンクフリー精神」を理解することが大切です。

リンク縦横無尽
リンクの理念
リンクの基本
リンクフリー精神
違法なリンク
リンクは自由論争
正しい相互リンク
リンクをもらう心がけ
相互リンクの条件
SEO族との相互リンク
相互リンクお断り
リンク依頼の断り方
リンク後のお付き合い
相互リンクを成功させる
勇気を出して申し込む
断られる理由
承諾率を上げる
依頼メールの書き方
上手なリンク
クリックしたいリンク集
上手なリンクの法則
実践リンク技法
内部リンク
内部リンクの重要性
アンカーテキスト
ページランク配分
内部ページの相互リンク
フレームページ対策
リンク雑学
リンク関連用語
他人のリンクポリシー
リンク元への興味
トラックバック
Googleなんか嫌いだ
バナーの作り方
代替テキスト
Web昔話
日本語教室
ABCが苦手でも英語サイト
貧盗恋歌

リンク縦横無尽リンクフリー精神