リンク縦横無尽リンク雑学 > Googleなんか嫌いだ(った)

Googleなんか嫌いだ(った)

検索エンジンの王者Google・・・はたしてその未来は?

グーグル上陸

Googleが生まれたのは1998年だそうです。
日本でも名が知られるようになり、私が初めて使ったのは、たぶん2000年の終わりころでした。ページデザインのシンプルさに呼応するように、検索結果が素早く出るのに感動して、日記ページ(今はもうない)に「Googleはすごい」と書いた記憶があります。

そしてGoogleのテクノロジーとやらが明らかにされ、既存の検索エンジンとは一線を画すものだと知ったのです。
それまでの主なエンジンといえば、Goo、Infoseek、Lycos、Exciteなどで、ヤフー・ジャパンはGooと提携していました。
Googleのように上位表示の条件を正々堂々公開しているところはなく、検索には時間がかかり、無意味で埒もないページがずらずらっと出てきて実に使いにくいものでした。

しかし、その画期的なGoogle方式・・・たくさんリンクされているページほど評価が高いという理論を聞いて、いやーな気分になったのです。

なにぶんうちはリンクが少ない、というよりほとんど誰にもリンクされていなくて、アクセスも極貧状態。せっかく最新テクノロジーを備えたエンジンがやってきても、我がサイトが浮かばれる見込みは全然ないのでした。それよりもページ内容で判断するシステムを作ってくれよー(なんて、自分のページは内容が良いと本気で思っていたのでした)。

新し物好きの話題をさらっても、日本ではGoogleがバクハツ的に人気を得るという状況にはならず、私も内心ほっとしていたわけです。

Googleさまさま

その後検索エンジン業界はさまざまな試練に見舞われました。無能なエンジンは淘汰され、Googleは確実にのし上がっていったのです。

私はマイペースで更新を続け、サイト内容は初期に比べたら随分ましになりました(当社比)。

そんなとき、Googleで検索すると自分のページが案外上位に来ることがあると気づいたのです。リンクは少ないのに何でだろ・・・。

さらにBBSへの訪問者から、私のページはランクが高いほうだと教えられ、不思議に思いました。その後別の訪問者から、被リンクは自分のページも計算に入るのだと聞き、おおっ! と目からウロコ。
英語サイトの存在もあり、私のサイトは確かにページ数が多くて、どこからもトップへ戻るリンクをつけていたのです。

それがきっかけで内部リンクの重要性を意識するようになりました。

引っ込み思案の私には、相互リンクを得るよりも、ひとりで黙々と自分のページをいじるほうが性に合っています。

ページランクの項に書いております通り、純粋に内部リンクだけだと力不足です。いくつかのディレクトリに申請し、無償のリンクを得る努力も必要です。
しかし面倒な相互リンクに目を向けなくて済むのは御の字です。その分更新に力を注げます。Googleの存在は運営を楽にしてくれました。

私がGoogle派になったのは、英語版の存在も大きいでしょう。日本ではヤフーがトップですが、海外でYahooのシェアはGoogleに遠く及びません。訪問者のほとんどを運んでくるGoogleを好きにならずにいられましょうか。

(付記)
その後Googleの広告を導入しまして、少しだけどお小遣いが入るようになりました。いやあ、Googleっていいですねえ。

これからどうなる?

業界の激動は続いています。
Yahooが自前のサーチを導入したのが2004年で、1年後には伏兵MSNも新たなシステムの本稼働を始めました。

ウェブページの数は増加する一方だし、ブログの隆盛ともあいまって、もっと現状に即した、正確で敏速な検索システムが求められています。
Googleの優勢もいつまで続くか予断を許しません。
かつて動的ページを軽んじていたGoogleも、だいぶ変化したようです。静的(HTML)オンリーの我がサイトには苦しい状況となりつつあります。

今後ウェブがどのように変化するか楽しみです。願わくは我がページを優遇してくれるアルゴリズムを持つエンジンが生き残りますように。

(付記)
ああ、それなのに、引っ越し後、Google八分になってしまいました。(T_T)
今やGoogleからの訪問者は皆無に近い状況です。Googleなんか嫌いだぁ。

リンク縦横無尽
リンクの理念
リンクの基本
リンクフリー精神
違法なリンク
リンクは自由論争
正しい相互リンク
リンクをもらう心がけ
相互リンクの条件
SEO族との相互リンク
相互リンクお断り
リンク依頼の断り方
リンク後のお付き合い
相互リンクを成功させる
勇気を出して申し込む
断られる理由
承諾率を上げる
依頼メールの書き方
上手なリンク
クリックしたいリンク集
上手なリンクの法則
実践リンク技法
内部リンク
内部リンクの重要性
アンカーテキスト
ページランク配分
内部ページの相互リンク
フレームページ対策
リンク雑学
リンク関連用語
他人のリンクポリシー
リンク元への興味
トラックバック
Googleなんか嫌いだ
バナーの作り方
代替テキスト
Web昔話
日本語教室
ABCが苦手でも英語サイト
貧盗恋歌

リンク縦横無尽バナーの作り方