リンク縦横無尽 > リンクの理念 > リンクフリー精神

リンクフリー精神

インターネットの理念は「自由なリンク」である。

広告

リンクフリーってなあに?

「リンクフリー」って文字、至る所で見かけますよね。まるで空気のような存在です。

リンクフリーは日本語です。「他人が自分のページにリンクしてもかまわない」といった意味合いの言葉です。

そのような表現が生まれたのは、ウェブサイトの数が少なかったころ、人間関係を円滑にするために「リンクをするには承諾を得るのが当然」というルールのようなものが存在した名残と思われます。

英語サイトを運営していると、「リンクフリー」の日本的特性については嫌でも認識させられます。
アルファベットでlink freeと表記しても、英語圏の人々には通用しないし、かえって誤解を招くのです。rink freeとなれば、何がなんだか・・・。

海外旅行先で「Smoke-free」の看板を見て、「ここでは自由に煙草を吸っていいんだな」と勘違いして、白い目で見られた日本人、いますでしょ。

日本語ページにカタカナで「リンクフリー」と書くのが正しい表記です。日本人ならよっぽどひねくれた人を除けば、ほぼ通用します。
「ほぼ」と書いたのは、そもそも多くの人が「リンクフリー」というものを正しく理解しないままま「リンクフリー」と書き、見た人も正しく理解したつもりになってたりして、結局あやふやなんですよね。

広告

フリーなのに不自由?

多くのサイトで「リンクフリー」「リンクはご自由に」という文章を見かけます。その表明が、外部リンク獲得の第一歩なのです。
これが意外に曲者でして。

リンクフリーのサイトでも、よく見ると「リンクは必ずトップページに」「事前または事後にご連絡ください」「アダルトetc.お断り」などと制約を設けたりしています。

えっ、じゃあ何が「フリー(自由)」なの?

「そりゃ自由じゃなくて無料のつもりだろ」とおちょくる人もいますが、もちろん多くの人々は「自由」という意味で使っています。
会社の旅行で東京ディズニーランドを訪れ、「5時までは自由行動ですよ」と引率者に言われて、新宿の美容院へストレートパーマをかけに行ったイナカモンは私くらいなものでしょう(実話)。
「自由」にも一定の制約はあるのです。

誰だって自分の評判は気になります。自分のサイトがどんなページからどんなふうに紹介されているか知りたいものです。だからリンク報告をお願い(時には強要)するのです。

また「必ずトップページへ」つまり「内部ページへのリンク厳禁」を掲げるサイトは多いようです。
いきなり内部ページへ来て必要なとこだけ見て帰ってもらっても、トップのアクセスカウンターは上がらないんだもーん。企業ではトップの広告を見てもらえないという弊害も発生するし・・・。

それらが妥当な「制約」かどうかは諸説ありますが、一般に、ウェブページを公開した以上、リンク報告を強要したり、無断リンクや内部リンクを禁止する権利はないのです。
黙ってどこにリンクしても、違反にはなりません。

これがインターネットの基本理念です。

リンクされたくないページにリンクされたから、あるいはリンクされたくないページからリンクされたからといって、法に訴えて差し止め命令を出すことはできないし、慰謝料を請求するのも無理です。

リンクに注文をつける

ならばどんなに嫌なリンクでも、甘んじて受け入れなければならないのか。

もちろんそんなことはありません。

私個人はリンク条件のメリットを認めています。とりわけ相互リンクには重要です。

リンクに関する要望の表明は言論の自由であり、文句をつけられるいわれはありません。
「リンクフリー」の文言と種々の制限を併記することは矛盾をはらんでおりますが、虚偽だ詐欺だと目くじら立てるのは大人げない。

リンクは自由と書きましたが、それはリンクする行為そのものであって、リンクに付随する行為を含むのではありません。
不適切な紹介文などは名誉毀損に該当する場合もあります。はてそれは「違法なリンク」なのでしょうか。

リンク縦横無尽
リンクの理念
リンクの基本
リンクフリー精神
違法なリンク
リンクは自由論争
正しい相互リンク
リンクをもらう心がけ
相互リンクの条件
SEO族との相互リンク
相互リンクお断り
リンク依頼の断り方
リンク後のお付き合い
相互リンクを成功させる
勇気を出して申し込む
断られる理由
承諾率を上げる
依頼メールの書き方
上手なリンク
クリックしたいリンク集
上手なリンクの法則
実践リンク技法
内部リンク
内部リンクの重要性
アンカーテキスト
ページランク配分
内部ページの相互リンク
フレームページ対策
リンク雑学
リンク関連用語
他人のリンクポリシー
リンク元への興味
トラックバック
Googleなんか嫌いだ
バナーの作り方
代替テキスト
Web昔話
日本語教室
ABCが苦手でも英語サイト
貧盗恋歌

リンク縦横無尽違法なリンクはあるか