リンク縦横無尽リンク雑学 > バナーの作り方

バナーの作り方

小さな画像で力いっぱいアピール。

バナーの大きさ

バナーのサイズには規格があります。

守らなくても問題はありませんが、使ってもらえなかったり、無理やり規格サイズに変形されたり等々、冷遇されるかもしれません。バナー可のミニサーチエンジンでは、規格外のサイズを受け付けないところがほとんどです。

日本での標準は88×31と200×40(単位ピクセル。幅×高さ)。
小バナー 大バナー
このふたつを持っていれば、たいてい間に合います。

国際的には88×31と468×60です。このハンパな数値はなんなんでしょうね。
さらに大きな728×90も。
大サイズは日本でも企業広告によく使われます。
ハーフサイズ(232×60)も普及しています。私は160×60という変則サイズも持っています。

468×60pix.
標準バナー

アニメやゲーム関連の英語サイトを運営しているなら、日本標準200×40も作っておくと、向こうの人にもけっこう使ってもらえます。

バナー作成

形式はgifまたはjpg。pngもOKですが、あまり浸透していないようです。

なるべくシンプルなデザインで、軽くしましょう。ゲキオモなアニメGIFは人迷惑です。
せいぜい2万バイトまでですね。

バナーはさまざまな環境で表示されるものです。背景色は不透明にします。また周囲を1~2ドットの枠で囲むと、同系色背景に置かれても見やすいようです。溶け込むのも味だから、そこはお好みで。

バナーは一般のイメージエディタ(画像加工ソフト)で作ります。
指定した大きさで新規作成した枠に、好きな画像や文字を貼りつけるだけです。
ページデザインと雰囲気が似ているものがよろしい。使う文字はタイトルロゴと同じ字体が一般的です。

横長の画像ですから、人間の絵や写真はどうしても入れにくいものです。90°回転させて(寝かせて)はめ込んだものもたくさん見かけます。別におかしくないので、お試しください。

自分で一から作るほうがオリジナリティの面で有利ですが、苦手な人はどうしましょう。

ホームページ作成ソフトには、たいていバナーやタイトルロゴ作成機能があります。サンプル画像も豊富だから、活用しましょう。

それも自信がなければ、素材サイトがきっと役立ちます。サイトの説明と利用規則をよく読んでください。

素材サイトではキリ番プレゼントなどで、バナーを作ってくれるところもあります。ヒマなら狙ってみるのも・・・。

挫折した人は、お金を出してプロに依頼しましょう。そこまでやるべきか、大いに疑問ですが。

バナーを持たない

テキストリンクを好む人々の中には、バナーを持たない方針を堅持する人もいるようです。

ところが、世の中にはバナーリンクを好む人が多いんですよね。
バナーがないとか、あっても見つかりにくいサイトには、自分で作ったアイコン画像でリンクしたり、透過のタイトルロゴなどを取ってきて歪めて使ったり。そして絶対にaltを入れてくれません。

いやあ、リンクしてもらうだけでもありがたいので、文句は言えませんわ。

そういうわけですから、バナーは置いといたほうがいいのではないかと思います。

当サイトにはありません。(@o@)

リンク縦横無尽
リンクの理念
リンクの基本
リンクフリー精神
違法なリンク
リンクは自由論争
正しい相互リンク
リンクをもらう心がけ
相互リンクの条件
SEO族との相互リンク
相互リンクお断り
リンク依頼の断り方
リンク後のお付き合い
相互リンクを成功させる
勇気を出して申し込む
断られる理由
承諾率を上げる
依頼メールの書き方
上手なリンク
クリックしたいリンク集
上手なリンクの法則
実践リンク技法
内部リンク
内部リンクの重要性
アンカーテキスト
ページランク配分
内部ページの相互リンク
フレームページ対策
リンク雑学
リンク関連用語
他人のリンクポリシー
リンク元への興味
トラックバック
Googleなんか嫌いだ
バナーの作り方
代替テキスト
Web昔話
日本語教室
ABCが苦手でも英語サイト
貧盗恋歌

リンク縦横無尽代替テキスト