リンク縦横無尽 > 内部リンク > アンカーテキストの選択

アンカーテキストの選択

適切な語句でリンクすれば、検索効果が向上する。

広告

リンクアンカー

アンカーは錨です。リンクするときにつなぐ役割を果たします。バナーやボタンなど画像だったり、文章(アンカーテキスト)だったり、とにかくそれをクリックすれば、リンク先に行けるものです。

アンカーテキストはページ内のキーワード以上に重要です。リンク先の情報を表していると見なされるからです。

トップページへのリンクが大切なことは、すでに強調しました。
その方法がおざなりではありませんか?

トップへ  ホーム  最初のページ  戻る
back to my home page  

トップページへ行けることは想像がつきます。
が、トップページに何があるのかは不明です。人間なら気に留めなくても、ロボットは意外にこだわるんです。

広告

実例テキスト

私は男性用下着サイトを運営しています。
正式タイトルは『男性下着もロマンチックに...柳腰亭』でした。宣伝ぽい惹句ゆえ、通常は『柳腰亭』でリンクされてしまいます。「柳腰」とは古めかしい言葉で、今どき検索に使う人は稀でしょう。

希望キーワードは「男性下着」・・・これは市場が狭いためか、上位に来ます。欲を言えば「下着」で検索されたいところですが、厳しい状況です。

そして気づいたのです。コツコツ作りためた自分のページは財産であると。

『柳腰亭下着』という語句を使い、片っ端からリンクしました。その結果、当初100位程度だった「下着」での検索順位が、10位近くまで上がってきました。
まだ数百ページのうち半分も使っていませんから、余力じゅうぶんです。1ページずつ変更していくのは面倒ですが、試して損はありません。
(とか言いつつ、その後大半のリンクを外し、下がってしまいました。)

タイトルに使われる単語が検索キーワードとして強いのは周知の事実です。

深い考えなしに昔設定したタイトルだが、今さら変更も面倒だという場合にも、このテクニックは効果を発揮しそうです。

アクセス解析のページで取り上げた女性下着サイト『創作手芸ハンティ・パンキー』が事例です。「創作手芸」とはあとからくっつけたのですが、宣伝ぽくないので、含めてリンクしてもらえることが多いようです。

ただこのサイトにおける運営方針は、自分でもあいまいだと感じております。
「手芸」「ソーイング」「下着」「ショーツ」などが希望キーワードですが、どれといって打ち出すものがなく、いずれも下位を低迷しておりました。

とりあえず『手芸ハンティ』というアンカーを使うことにしましたが、徹底できていません。多くのページでは、未だに無意味な単語「ハンティ」でリンクしています。
それでも「手芸」での検索結果が上向いてきました。
そこで「手芸」はもういいやと思い、一部のページから「ショーツ」を使ってリンクしました。しばらく後「ショーツ」で検索すると上位に出るようになりました。タイトルに含まれない言葉だけに、なかなかの快挙です。

アンカーテキストの重要性がおわかりいただけたでしょうか。これに高いページランクが加われば、鬼に金棒?

リンク縦横無尽
リンクの理念
リンクの基本
リンクフリー精神
違法なリンク
リンクは自由論争
正しい相互リンク
リンクをもらう心がけ
相互リンクの条件
SEO族との相互リンク
相互リンクお断り
リンク依頼の断り方
リンク後のお付き合い
相互リンクを成功させる
勇気を出して申し込む
断られる理由
承諾率を上げる
依頼メールの書き方
上手なリンク
クリックしたいリンク集
上手なリンクの法則
実践リンク技法
内部リンク
内部リンクの重要性
アンカーテキスト
ページランク配分
内部ページの相互リンク
フレームページ対策
リンク雑学
リンク関連用語
他人のリンクポリシー
リンク元への興味
トラックバック
Googleなんか嫌いだ
バナーの作り方
代替テキスト
Web昔話
日本語教室
ABCが苦手でも英語サイト
貧盗恋歌

リンク縦横無尽ページランクの配分