ABCが苦手でも英語サイト運営編 > 英文メールが来ちゃったら

英文メールが来ちゃったら

変なメール、怖いメール・・・恐れず、ひるまず、腹立てず。

外国人は礼儀知らず?

英語版を作るに当たって、ひとつの不安は、英語のメールが来たらどうしよう、ってことかもしれません。

意味がわかるだろうか、返事をちゃんと書けるだろうか、こちらの文章が通じるだろうか、流儀を間違えて相手を怒らせはしないだろうか・・・。
英文手紙の書き方みたいな本を買って、作法や定型表現を勉強したかたもいらっしゃるそうですね。

まあ、びくびくするのも考え物ですが、ある種の覚悟は必要ではないかと・・・。

英語サイトを公開して以来、世界中からたくさんの英語(や外国語)のメールをいただきました。
当初は緊張もし、怖じ気づいてもいたのですが、すでに動じなくなりました。

向こうの人は実に気軽にメールを書きます。

その内容はたいていシンプルで、どうかするとひどく無礼です。挨拶語も署名もなかったり、宛名を間違えていたり。
日本人同士のていねいなメールに慣れっこだと、カチンと来ますよ。

文面ばかりではありません。

英語の質問って難解なものですよね。懸命に調べて丁寧に答えても、それで解決したなら、ろくすっぽお礼も届きません。ページ上の不備を指摘してもらったのだから感謝、と思うことにしてます。

でも、すでに書かれていることを文法無視の英文で質問されるとヘソ曲げたくなります。答えはこれこれのページにあると指摘すると、素直に謝る人もいるのですけど。

広告

おせん泣かすな馬肥やせ

あるときヨーロッパの人から、2行のHTMLメールが届きました。

1行目はカタコトの英語で「私は○○出身です」
2行目はURL。

えええっ、これでメールのつもり? 紙ならビリビリ、くしゃ。

思い直してそのURLをのぞいたら、ドイツ語で読めないけど同じジャンルだったので、丁重に返信しました。「あなたのホームページは素晴らしい。相互リンクしませんか」
折り返し「お返事ありがとう。ぜひリンクしましょう」と、ちゃんとした英語の返事が来ました。
さっそくリンクを貼り、相手からも「当方もすぐにリンクします」と、感謝のメール。
・・・・・・
そして7か月後、やっとリンクしてくれました。
相互リンクって、忍耐が必要?

ともあれ、1行や2行のメールって、珍しくはないのです。

だからいずれは来ると予期していました・・・0行メール

といっても、無言電話の仲間ではありません。ちょっとご紹介しますね。

送信者 : Tsukimaru
件名 : Hello, why he is names is Tsukimaru, I love your dolls its made wery cool!!

そうなんです。件名に本文までぶち込んじゃったわけ。
こんなのにも真面目に返信する自分がケナゲであります。
(これは、私のギャラリーにTsukimaruという名前の人形がいるのを見て書いたようです。)

その後「件名が7語以上または0語ならスパムと見なして削除する」と、メールのページに注意書きをつけたりしましたが、ちゃんと読んでくれる人は少ないようです。

こゆいメールはこわい

もちろん、海外からのメールがすべて短くてすべて不躾だ、なんて断言は間違いです。
Dearに始まりSincerelyで終わる、格調高いものも多数いただきました。

正直なところ、短くて必要最低限のことしか書かれていないメールのほうが、受け取って気が楽です。返信も簡単で済みますから。

長いメール、しかも誤字脱字だらけで句読点もなく、小文字しか使っていない・・・こんなメールはお手上げです。翻訳ソフトが受け付けないものですから。
必死で修正しながら翻訳すると、内容は家族や愛犬や自分のことばかりで、最後は『あなたの一番の友人より』などと、押しつけがましく締めくくられていたりします。

ですが、決して悪気はないのです。

また、日本で大きな災害が発生したとき、直ちに「Are you OK?」などと、安否を気遣うメールを送ってくる人たちもいます。心から案じているようなのです。
日本ってよほど狭い国だと思われてんのかしら・・・などと、ひねくれた見方はよして、簡単なお礼状を出せばいいでしょう。こういうのはスピードが命。返信が遅れるとよけい心配しますから。

日本に旅行する予定があるので会えないかというメールも、2度ほど来たことがありますが、恐れをなして放置してしまいました。
同性でも異性でも、会いたくなければはっきり断るべきです。理由はいちいち述べないほうがいいでしょう。

非常に感謝しなさい

英文メールではないけれど、最近いただいた中で、出色は日本語メールです。
それもユニコード。ひえーっ。@o@

最後だけ引用。こんな文面です。差出人はDaresore Ward さん(半分仮名)。

米国である Daresore の区非常に感
謝しなさい

どうやって読めっちゅうんじゃ。
メモ帳などテキストエディタにそのコードをコピペしたHTMLファイルを作ってブラウザに表示させるなど、いろいろ方法はあります。

『米国である Daresore の区非常に感謝しなさい』

原文を想像しますに、"Thank you very much, Daresore Ward in USA." ではないかと。
そういえばThank you って、命令文の形をしてますよね。
『区』は名字であるWardの訳語です。

おそらく翻訳サイトで訳した文をコピペしたのでしょう。
そのお心遣いには非常に感謝しますが、理解困難な日本語で、噴き出しちゃうというか、途方に暮れるというか・・・。

となると、機械翻訳した英文をそのまま送っている人は、もう一手間かけて見直さないと、どこまで理解されているか心配ですね。

ハードボイルド!?

そして、ついに本物の日本語メールが来ました。

差出人はアメリカの自称小説家。アメリカの本はあまり読まないので、知りませんが・・・。
写真付きページも持っていて、実にかっこいい風貌。

日本について詳しいらしく、なかなかこなれた日本語でありました。

俺はテリー・ボガードの人形超気に入った。ルノさんの英語は簡単で面白いだ。

ありがとう。あなたの日本語も簡単で面白いだ。

そのメールはHTML形式で、エンコードはヨーロッパ言語ですが、すべての文字がユニコードのコード形式(前出の&#・・・;)で書かれておりました。
これは『文字参照』(十進数)というらしく、各国語をごちゃ混ぜにしたウェブページを作るときにも利用できます。
コード変換ツールはWeb上にもあるようです。

広告

危ないメール

もはやHTMLメールは標準仕様として落ち着いてしまったようです。
「テキストメールしか受け取りません」と断り書きを載せたアナクロな(失礼!)人もまだ存在するでしょうが、大半の人が「テキストメール」がなんなのか知らない現状では、効果がないのでは・・・。

かつてはHTMLメールを奨励していた私ですが、スパムの猖獗に辟易して、テキスト表示に変えました。のみならず、テキストさえ表示させず、件名で削除するのが常です。
時たま凝った壁紙を貼りつけた耽美メールも来るようです。そんなに飾り立てたからって、受信に時間がかかるだけじゃないか、翻訳ソフトが拒絶する文なら読まないよ・・・と、しらじら~。
ひっきょう私も「テキストメールしか受け取りません」の部類なのでした。

HTMLメールを敬遠したい大きな理由は、危ないプログラムやビーコン画像を仕込めるからです。これでウイルスを働かせたり、メールアドレスが生きているかどうかの判別を行います。
世界中で多くのハッカーたちがセキュリティの抜け穴を日々探求しているので、最新メーラーだからって安心しちゃ駄目ですよ。

自分の財産は自分で守るしかないのです。

このごろ話題のフィッシング詐欺
これは、メールで指示されたページに行き、クレジットカード番号など重要な個人情報を入力させるものです。そのページは有名サイトを巧妙に模して作られており、うっかり信じ込んで被害を受ける人が続出しているとか。

テキスト表示であれば、URLが丸見えだから、偽サイトだと気づく可能性が高いかもしれません。けど、騙される人はどんな簡単な仕掛にも引っかかるものですからねえ。
それよりも、カード番号(と期限)さえあれば、本人確認もせずに売ってしまう危ういシステムを広めたカード会社の責任は大きいと思いませんか?


私は相互リンク依頼を受け取っても、直ちにクリックすることは控えています。

まずは検索エンジンでサイト名やURLの一部を入力して、当該ページを自力で捜してから行きます。見つからなければ行きません。そこへリンクしているサイトも、検索である程度出てきます。
時たま面白い発見をします。一見真面目なサイトなのに、キャッシュを見たら、いかがわしげな金儲けサイトだったとか。

もちろん、開設したばかりであちこちに依頼を送る人もいるので、検索されないから怪しいと決めつけてはいけません。焦ってリンクを結ばず、2、3か月保留すればいいのです。その間に躍進するか潰れるかを見極めて・・・そりゃずるい?

作ろう英語サイト
サイトマップ
運営編
英語サイトの宣伝
英語版アフターケア
英文メール
ほめることから始めよう
相互リンク海外編
メーリングリスト効果
英語版のメリット
英語版の弊害
洋風顔文字 :-)
Yahoo推薦
ODP攻略
検索キーワード設定
ランキングの行方
海外通販大繁盛
海外通販その後
英語版に広告を
番外編
和製英語にご用心
英語が苦手で何が悪い
英語ペラペラになる方法
インターネットの男と女
気分はrink free
英語ミニコラム
海外下着事情
アクセス解析顛末記
常連さんお断り
批判されるサイト
教えて君活用術
ABOが苦手でも
アナクロ電脳生活
引っ越し下手は損
迷惑メール包囲網
紹介の連鎖
作成編
英語版誕生
英語向きコンテンツ
文字化け対策
トップページのデザイン
手抜き翻訳の極意
スペル・文法
翻訳ソフトで遊ぼう
翻訳サイト比較
ゲストブック設置
訪問者参加
本場のWeb用語
英語でブログ
貧盗恋歌

ABCが苦手でもほめることから始めよう