ABCが苦手でも英語サイト運営編 > 海外通販大繁盛

海外通販大繁盛

不況日本見限って、海外にビジネスの活路を。

広告

海外でビジネス

通販サイトを国内で運営していると、海外でも販売したいという野心が芽生えてくるかもしれません。

このページはそのような方々のために、私の体験を語るものです。
お断りしておきますが、ちゃんとしたお店の担当者には役立ちません。あくまでも個人が対象です。

私はこれまで数人の外国人に自作の人形を売りました。片手で数える程度です。
しかるに、世界中に販売網を巡らして大成功を収めたかのような、このタイトル。ふてぶてしいというか、あざといというか。
海外でビジネスを展開するならば、かなりの強心臓が必要なのです。

初め販売に関するページは設けておりませんでした。
しかし問い合わせが多いので、価格表を作り、メールのページから行けるようにしました。値段を見れば購買意欲を失うだろうと。

それでも欲しいという情熱の人はやはりいるんですね。ひとりに複数買っていただいたケースが大半です。

広告

決済手段

海外にものを売る場合、後払いは危険だと思います。
英語での意志疎通が完全にうまく行っているならばともかく、知らないうちに齟齬を来していることもあり得るからです。
国内ならば、安価なものは後払いによる数量効果で未収をカバーできますが、海外へは送料だけでも負担が大きいので、冒険は控えたほうがいいでしょう。

手軽なものに国際郵便為替(International postal money orderがあります。
“Please send me international postal money order. Ask about details at your local post office.”と書けば概ね通じると思います。

アメリカではpink moneyとも呼ばれているようです。

郵便為替の見本。
International postal money order

換金は近所の郵便局でできます。身分証明書と印鑑が必要です。
慣れない職員に当たると、もたついたりしますが、それでも数分でOK。
当日の為替レートで換算されるので、振出日に比べて変動することがあります。

オンライン送金PayPalについてはその後の展開で触れております。

送付方法

私は郵便局の国際スピード郵便(EMS)を使っています。アメリカなら数日で届きます。
現在これより安いものは船便しかないようです。
参考: EMS解説

販売者記載事項

日本では『特定商取引法』に基づき、通販サイトは責任者の住所氏名や連絡先、返品特約、価格その他支払額を明記しなければなりません。

それを省いても罰則などはまず適用されませんが、名の通ったショッピングモールや大手検索エンジンなど、人のチェックが入るサイトでは登録されにくくなります。

海外では必要ないと思いますが、訪問者を安心させるためにも、ある程度の情報を載せておくのが無難です。
「住所や電話番号はメールでお知らせします」と書くにしても、当たり障りのないプロフィール(経歴・趣味・ペットや家族の話題)などは自分をアピールできるし、親近感を持たせる効果もあります。

当然ですが、価格と支払い方法はきっちり書いておきます。
商品本体の価格のほか、梱包費・送料についても明記しましょう(国によって違うのでややこしいです)。郵便為替の手数料や送付料が相手持ちであること、関税がかかる場合があることも触れておくと親切です。
返品を受ける場合の送料に関しても記載すべきです(返品不可のほうが簡単)。

必要に応じて単位換算表をつけると重宝されます(100円はおおよそ何ドルから何ドルとか、1グラムが何オンスとか。gramとgrainはごっちゃになりそうなので、フルスペルのほうがいいかも)。

なお外国のコンピュータでは、¥マークがバックスラッシュになります。
記号(¥)で表せますが、それが通貨単位だと知らない人いるんですよね。Yenと綴ったほうがいいでしょう。

トラブル

経験が浅いので、どういう事態が発生するかは予測もつかず、その都度誠意を持って対処しましょうとしか言えません。

アメリカは訴訟社会です。お宅の商品で怪我をしたなどと、些細なことで訴えられるおそれも・・・。
事前の連絡を密にして、良好な関係を築いておくのは良いことです。

到着までに10日以上かかり、おまけに箱が壊れていたことがありました。幸い中身は無事でした。大きな人形だったので、自分で段ボールを切って箱を作ったのですが、ずさんだったようです。
梱包はしっかりしましょう。

送ってきた金額が足りないこともありました。
その人からは「計算をちゃんとしなかったので、ちょっと少ないみたいなのだけど」というメールが届いたのですが、私は「レートの変動はよくあることだから気にしないで」と返信していました。
そしたら実際届いた金額は9,000円も不足していたのです。これは変動の範囲外です。
「とりあえず品物を送ったので、あなたも残りを送ってください」とメールしたら、「今病気なのでしばらく待ってほしい」という返事。どーしましょ。

結局遅くなりましたが、不足分もちゃんと届きました。ほっ。

偽造為替に注意

郵便為替は現金と同じ価値があります。しかし流通範囲が限定されているので、一般人はあまり目にすることがありません。偽物をつかまされても識別できないおそれがあります(私なんか偽ドル見たってわからないんですけどね)。
印刷の精度も、透かしはあるものの紙幣に比べると簡単みたいで、最近は偽造品も出回っているようです。

詳細については「国際郵便為替 詐欺」などの検索ワードでお調べください。

私が聞いた事例では、ホームページに載せている作品を買いたいとのことで、販売価格を大幅に上回る郵便為替を送ってきたそうです。余分はどうしたらいいのかと尋ねると、「為替には受取人の名前が明記されているのでそのまま返してもらっても困る、換金して送り返してくれ」とのこと。郵便局に行ったら、偽物らしいとのことで換金できませんでした(幸いに)。

先に商品を送ったわけではないので、実質的な損害はなかったそうですが、真面目に取引をしていたつもりの相手から騙されたという憤懣は大きなものがあるでしょう。

世の中は広いので、どんなケースが怪しいかは個別に判断するしかありません。
いかなる場合でも、確実に現金を手にしてから商品を送るという姿勢で臨みましょう。また、同じ人と2度3度取引をしていると、もう後払いでも大丈夫などと油断しがちですが、危ないかもしれません。
人を信用できないって悲しいことですけどねえ・・・。

英国の場合

国際郵便為替は手軽で便利ですが、どの国でも扱っているわけではありません。

意外にも、取り扱わない大国のひとつが英国です。

ひととき人形用材料の販売も手がけました。
縮緬や人形用ヘアは、海外では手に入りにくいようですから。

でも販売に至ったのは1回だけです。

とあるイギリス人女性から縮緬布5,500円分の注文を受け、代金を送ってもらったのですが、それはMizuho corporation宛のchequeでした。
ま、大差ないだろうと、ちょっと遠い「みずほ銀行」まで換金に行きました。

すると、現金化手数料として、なんと2,500円を要求されたのです。大銀行ってヤミ金融並みのアコギな商売をしてるんだあ。
(海外アフィリエイトでも同様の小切手が来るようです。)

しかたないので、注文者に苦情を述べ、2,500円の追加送付を依頼しました。だけどそれがchequeならばさらに手数料を取られ、アキレスと亀になっちゃうってことは、相手にも想像できたのか、次に来た郵便を開いたら、千円札3枚が出てきてびっくり。

申し訳ないので、差額500円分以上の布をおまけに付けたら、郵送料も上がって、赤字になってしまいました。でも余分な出費はお互い様ですから、事情の異なる外国との取引は難しいものだなあと痛感。

チェック小切手

広告

トライしましょう

とまあ、海外通販について述べましたが、ささやかな体験だから心許ないですね。

海外への販売はいろいろと面倒な点が多いです。第一英語でメールをやり取りするのがたいへん。
日本は物価が高いから、付加価値がなければ価格競争において不利です。

それでも自分の商品が遠い外国にあるという思いは心を弾ませます。
機会があればぜひ販売してみましょう。

作ろう英語サイト
サイトマップ
運営編
英語サイトの宣伝
英語版アフターケア
英文メール
ほめることから始めよう
相互リンク海外編
メーリングリスト効果
英語版のメリット
英語版の弊害
洋風顔文字 :-)
Yahoo推薦
ODP攻略
検索キーワード設定
ランキングの行方
海外通販大繁盛
海外通販その後
英語版に広告を
番外編
和製英語にご用心
英語が苦手で何が悪い
英語ペラペラになる方法
インターネットの男と女
気分はrink free
英語ミニコラム
海外下着事情
アクセス解析顛末記
常連さんお断り
批判されるサイト
教えて君活用術
ABOが苦手でも
アナクロ電脳生活
引っ越し下手は損
迷惑メール包囲網
紹介の連鎖
作成編
英語版誕生
英語向きコンテンツ
文字化け対策
トップページのデザイン
手抜き翻訳の極意
スペル・文法
翻訳ソフトで遊ぼう
翻訳サイト比較
ゲストブック設置
訪問者参加
本場のWeb用語
英語でブログ
リンク縦横無尽
貧盗恋歌

ABCが苦手でも海外通販その後の展開